細編み:目立たない減らし目(single crochet decrease/invisible decrease)

あみぐるみを制作しているオーストラリアの方が、細編みの減らし目の手法を紹介してくれました。

It's time for #crochettiky_tips! And today I'm going to talk about different ways of single crochet decrease. ???? At once I would like to make a reservation: today I'm talking only about front side crocheting and I'm using "x" single crochet stitches in all my videos. So if you crochet "v" single crochet stitches you should put your yarn over the hook, not under like I do. ???? There're one wrong way and three different right ways to do single crochet decrease. ???? ❌ Wrong one is when you just miss one stitch of previous row. Hope nobody here use this method. I don't even show it. ???? 1️⃣. Standard way (video 1). Insert hook and draw up a loop in each of the next two stitches (three loops are now on hook), hook yarn and draw through all three loops on the hook. The way is good for fluffy yarn. 2️⃣. Front loops method (video 2). You crochet decrease (only decreases, not all stiches!) the same way as in standard method, but using only front loops of the next two stitches.The method helps you minimize holes in your crocheting because back loops cover them on the back. 3️⃣. Invisible decrease (video 3). My favorite method ???? Insert hook into the first front loop, than insert hook into the second front loop and draw a loop (only two loops are now on hook), hook yarn and draw into two loops. I think it's the best way because decreases are really invisible! Just try it ???? ???? Anyway don't forget to choose right size of your hook to make really tight stitches. ???? If you would like more tips from me, please tap twice on pic and leave a comment to motivate me ????

A post shared by ✨Crochettiky, toy wonderland (@crochettiky) on

その後、投稿が削除されたようで、リンクが切れてしまいました。「invisible decrease」で検索すると、いくつか動画がでてきますので、そちらをご覧ください。

3種類の減らし目

上の投稿には3種類の減らし目のしかたが出ています。

  • Standard Way(標準的な減らし目)
  • Front loops method(細編みの手前のループを拾う)
  • Invisible decrease(目立たない減らし目)

私は、標準的な減らし目で編んでいました。未完成の細編み2目を編み、一度に引き抜くという編み方です。

編み目のちがい

同じパターンのハートを、標準的な減らし目と目立たない減らし目の両方で編んでみました。

標準的な減らし目(下)と目立たない減らし目(上)

標準的な減らし目で編んだ方(下)は、糸が二重に渡っているところが目立つので、減らし目をした場所がすぐにわかると思います(このハートは特に目立ってしまっていますが……)。

一方、目立たない減らし目で編んだ方(上)は、たしかに減らし目をしたところがわかりにくいです。

撮影したアングルがちょっとちがうのですが、丸で囲んだ部分に減らし目があります。編み目がわかるようにアップも撮ってみました。

編み目のアップ

目立たない減らし目のデメリット

ちょっと編みにくいかなと思ったところは以下の通り:

  • 手前のループだけを使うので、減らし目のあとに編む目がわかりにくい。うっかり、すでに減らし目で編んだ目に針を入れそうになることもありました。
  • キツく編みすぎると、手前のループを拾いにくい。40番のレース糸であみぐるみを作ることがあるのですが、目が拾えない〜!となることがありました。

いずれも、慣れれば問題なく編めるようになると思います。最近では、あみぐるみの減らし目はもっぱら目立たない減らし目を使うようになりました。

※英語のinvisibleとは「見えない」という意味。visible「見える」に接頭語inをつけて反対の意味にしたもの。減らし目が見えないわけではなく、減らし目の場所がわからないという意味と解釈して、「目立たない減らし目」としてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です