苺のネックレスの作り方

モール糸でつくる編み苺の作り方です。
This pattern is a modified pattern from amigurumi strawberry by mohu

はじめに

5年ほど前、小学校入学をひかえたの友人のお嬢さんに苺のストラップを依頼されました。ネットで苺のパターンを探して、これだ!と思ったのが、mohumohu.comの苺です。以来、今でも私のミンネの一番人気は「ミニ苺のストラップ」です。

ミニ苺のストラップ(苺2粒)

そして、この冬、もっと大きな苺がほしいというリクエストをいただきました。

モール糸を使って編み始めたものの、太いモール糸はちょっと編みにくい……。そこで、すこし、編み方をかえてみました。

必要なもの

使用する糸とかぎ針のサイズ 

    • モール糸(赤、ハマナカ・ルナモールやDMCハッピーシェニールなど)、中細糸(みどりと白、ハマナカ・純毛中細など)
  • かぎ針
    • イチゴ本体 3/0号(2.3 mm)または4/0号(2.5 mm)
    • ヘタとお花 2/0号(2.0 mm)または3/0号(2.3 mm)
    • 糸とご自分の編み方に合ったサイズのかぎ針を選んでください。
  • その他
    • パールビーズ(4mm) 10
    • 手芸用のわた、はさみ、綴じ針、縫い針(ビーズの穴が通る太さ)、糸(黒、白)

出来上がりサイズ

横 約4cm ✕ 高さ 約4cm

編み方 

イチゴ本体を編む

赤の糸を使います。

かぎ針に目をつくり、鎖2目。1番目の目に、細編み6目を編み入れます。

わに細編み6目を編んでもよいのですが、モール糸の場合、糸を引いて穴を小さくするのが通常の糸で行うよりむずかしいです。

2〜5段目では、増やし目をしながら、1周18目にします。6、7段目は増減なし。8段目で6目減らします。

わたを詰めます。

9段目で6目減らし、糸端を10cm程残して切ります。綴じ針を使って、縫いしぼります。

黒い糸で、パールビーズをイチゴ本体に縫い留めます。7段目と8段目の間に3個、5段目と6段目の間、3段目と4段目の間にも3個ずつバランスをみながら付けましょう。

これでイチゴ本体は完成です。

ヘタを編む

みどりの糸を使います。わ に細編み6目を編み入れます。2段目は、細編み1目を編んだあとに鎖5目を編み、かぎ針から3番目の目に引き抜き編みをしてから、さらに鎖2目を編んで、最初の細編みと同じ目に、細編み1目を編みます。これを6回繰り返して、ヘタの部分の完成です。

お花を編む

白の糸を使います。わ に鎖2目、パフ編み(中長編み5目の玉編み)、鎖2目を編み、わに引き抜きます。これを花びら5枚分繰り返します。最後にわの糸をしぼりながら、花びらの形を整えてください。

わ に直接パフ編みを編み入れるのがむずかしいときは、〈モリーの花〉の編み方にしてもよいです。わ に細編み5目を編み入れてから、2段目でパフ編みと鎖編みを編んください。パフ編みは、中長編み4目に減らしても大丈夫です。

しぼった糸、または別の糸で、お花の中心にパールビーズを縫い付けます。

イチゴ本体にヘタと花をつける

イチゴ本体の編み終わりの部分とヘタの中心部分の位置をあわせて、まち針で固定します。ヘタの6つの先端も位置を調整しながらイチゴ本体にまち針で固定してください。みどりの糸でイチゴ本体にヘタを縫い留めます。

白いお花もイチゴ本体に縫い留めます。

余分な糸のしまつをしたら完成です。

ヘタの中心部分に、鎖10目程度のループを縫い付けます。このループにコードやバッグチャームを通して使ってください。

Instagramの編み苺の投稿もご覧ください♡

https://www.instagram.com/p/CJ7iZTkjeeS/
https://www.instagram.com/p/CLsg6p9gkcS/
https://www.instagram.com/p/CIKJB8UhCf5/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です