シャーロットロスな皆さまへ〜過去のCALのご案内

3か月にわたったシャーロット・ユニバースCAL 2021。ブランケットが完成した嬉しさとともに、終わってしまったさみしさを感じている方もいらっしゃるでしょうか。

過去に行われたCAL情報などをまとめてみました。

過去に行われたCAL

紹介するCALは日本語訳がありませんが、シャーロットの動画を担当したIt’s All in a NutshellのEstherさんの動画ありです。

すでに実施期間は過ぎていますが、編み方の情報などは残っていますので、これから編んでも、ハッシュタグで同じものを編んでいる人に出会う機会もあります。

CALのタイトル部分からinformationページ(英語)へリンクしています。informationページの下の方にtimelineという項目があり、その中のweek1, week2 …をクリックすると具体的なパターン(レシピ)のページが表示されます。

このふたつは、シャーロット・ユニバースをデザインしたDedri Uysさんのデザインです。

Ubuntuは、オランダの毛糸メーカーSheepjes社のサイトにあるので、Scheepjes CAL 2019と2020 へのリンクもすぐに見つかると思います。デザイナーは別の方ですが、動画チュートリアルは同じ、Esther さんが担当です。(2019と2020の毛糸のセットは、不定期ですが、日本でも予約販売されることがあります。)

モチーフつなぎのブランケット

シャーロット・ユニバースは、中心のお花のモチーフから編みはじめ、外側に大きくしていくブランケットでしたが、モチーフをつないでつくるブランケットもあります。(日本語版、編み図あり)

大きめのモチーフ編み

クッションカバーなどに合う大きめのモチーフです。ソフィーズ・ガーデンのみ日本語版あり。ほかは英語版ですが、編み図があります。トロピカル・デライトは動画の解説です。

ソフィーズ・ガーデン

日本語版あり。

ブランケットのレシピを探すなら

CALは他にもたくさんあります。私がときどきチェックするのは、Ravelryサイト。かぎ針編み(crochet)やブランケット(blanket)を選んで絞り込み検索して、気になるものがあったら、詳細をみる。時間を忘れて眺めてみるのも楽しいです。

ラベリーに登録されているブランケットのパターン
(閲覧にはラベリーへのアカウント登録が必要です)

ブログのメニューから「海外パターンの日本語版」を選択すると、日本語化されたものの一覧に表示されます。マンダラやドイリー、パズルボールなどもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。