Sophie’s Mandala Mediumを編む

Sophieのお花のマンダラ(中サイズ)のご紹介です。

Sophie’s Mandala medium pattern by Dedri Uys. 
Japanese translation under the  permission of the original designer. 

Sophie’s Universe とは

Sophie’s Universe(ソフィーズ・ユニバース)という名前のブランケット。どこかでご覧になった方も多いのではないでしょうか。2015年に発表されたとても人気のデザインです。2020年、発表から5周年を記念してトートバッグも発売されました(バッグのイラストはClaire Nordenさん)。

Sophie’s Mandala Medium

ブランケットの中心部分のデザインを利用したマンダラは3つあります。ここでは、真ん中のサイズのマンダラ(Sophie’s Mandala Medium)に関連するサイトの紹介をします。一番小さいマンダラについては、こちらを見てください。

パターンの翻訳ではありません。編み図もありません。でも、わかりやすい写真付きですし、動画もあります。まずはご覧ください。

日本語化の許可をいただき、マンダラ(中)の日本語版が完成しました。この投稿の最後に日本語版情報を追記しました。【2020/9/12】

Sophie’s Mandala medium の関連ページ

以下の2ページは必ず閲覧してください(ページを訪れることは、デザイナーさんを応援することになります)。


このマンダラは全部で16段です(バック細編みの縁編みをするときは17段)。

1〜8段目はSophie’s Universe CALのpart 1と同じです。Sophie’s Mandala Smallを編むを参照してください。(2020/9/10 日本語版を公開しました)

9〜15段目は同part2と同じ。9段目以降の実際の編み方は次のページに載っています。

ページをスクロールして「Instructions」という見出しを探しましょう。そこから下が編み方の説明と写真です。Round 9(9段目)からRound 15(15段目)まであります。

今回は長々編み(tr)も使います。Skip 3 stsというのは、「3目飛ばす」という意味です。

10段目までは、一般的なかぎ針編みだと思います。11段目からは前段だけでなく、2段前の目を拾うなど、新しい編み方がでてきます。

外側の2色の花びらがモザイク模様のように重なっている部分。花びらの裏側に鎖編みが隠されていたり、花びらの先端に編んだピコットを後の段で一緒に編んだり。重なった花びらの編み方を楽しめます。

写真を見てもわからないときは、動画を参考にしてみましょう。かなり助けになると思います。

15段目まで編んだら、Sophie’s Mandala Mediumのページに戻って、「Round 16 {Small Version Only}」の説明にしたがって、16段目を編みます。花びらの凸凹をなくして円形に仕上げるため、細編み、中長編み、長編みを使って高さを揃えています。

17段目は前段のすべての目にバック細編みを編みます。キツく編みすぎると反ってしまうので注意しましょう。

Dedriさんのデザインは緻密です。それゆえ、私たち編み手側も、常に目数を確認する努力を求められます。ときに、なぜここに編むの?と思うことがありますが、信じて進んでください。

わからないところが出てきたら、ここか、Instagramで質問してくださいね。

日本語版情報【2020/9/12追加】

日本語版のテストに協力してくれたみなさん、いつもありがとうございます。◇ はーちゃんさん ◇ Satomi Kawamotoさん ◇ Momo Wさん ◇ もちさん ◇

ソフィーのマンダラ(中)の日本語版pdfファイルはこちら
ソフィーのマンダラ(小)の日本語版pdfファイルはこちら

pdfファイルはときどきバージョンアップします。pdfに直接リンクをはるのではなく、この投稿へのリンクをお願いします。pdfファイルには著作権があります。許可なく再配布することは禁止されています。

ご利用の際のお願い

このパターンを利用して作ったものを個人が販売することは可能ですが、その際、デザイナーの名前(Dedri Uys)とURLを明記してください。このサイト、および、Dedri Uysさんのサイトの写真は使用禁止です。詳しくは、lookatwhatimade.netサイトの利用規約(Terms of Use)を参照してください。